« ハテナのついで | トップページ | 変化・・・ »

真田丸・・・

ヒアリと言う危険な蟻が日本のアチコチに居たと話題になっています。

水際で食い止めないと大変なことになってしまうとご努力いただいておりますが、
コンテナなどに入ってやってきてしまうのを正直防ぐのは難しいんだろうなぁと思う。
台湾は食い止められなくて繁殖してしまって、大変なことになっているとも報道で聞き
ました。
これまではブラックバスやブルーギル、アメリカザリガニや朝鮮半島からのスズメバチ
が話題になっておりましたが、自然界には『国境』と言う意識がないから、やっぱり国境
を越えちゃうんでしょうね。
日本には四季があって夏と冬の寒暖差があるので、なかなか繁殖できないらしいです
けれど。
投資家さんはきわめて合理的な方が多いので、防蟻⇒フマキラーで、フマキラーの
株価があがったとのことです。学者さんよりも一般人の方がよく判っているのかな。
自然と人間に関係を。
鯉の稚魚の放流禁止なんてなことも話題になっております。
それを突き詰めたら『栽培漁業』って大丈夫なんだろうかとも思ってしまいます。
私は原理主義者ではありませんので、自然環境はある程度までは自由に暮らしやすい
ように利用したらいいと思っています。もちろん使用すると反作用も覚悟しなきゃですけ
れど。
ヒトにもいろんな方が居るからこそ、環境がある一定の形で守られる・・・。
カラスがゴミ置き場を汚して、ご近所は大変困っておりますが、それでもカラスを全滅
させようと言う方があまりおられないのが日本の良いところ happy01
種を慈しむ心があります。
冒頭のヒアリへの対処ですが、私は難しいだろうけれど精いっぱいの努力はすべき派。
もっとも大坂夏の陣と真田丸ってトコなんだろうと・・・。
自然の方が大概強いからなぁ。
突破されてもご尽力いただいた方々の努力は讃えないといけないと。
まさに真田幸村さんですよ。

|

« ハテナのついで | トップページ | 変化・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハテナのついで | トップページ | 変化・・・ »