« 盆踊り・・・ | トップページ | レジェンド・・・ »

123

JAL123便の航空事故。1985年(昭和60年)8月12日に発生しました。

32年経った今でも世界最多の単独機事故なんだそうです。
事故当日のことは私もはっきり覚えています。
500人以上の方が亡くなった事故ですが、123便事故後、国内の旅客機死亡事故は
発生していないとのこと。
フライトシュミレーターで123便に類似するケースの訓練を受けたり、整備部門でも
努力に努力を重ねたり。ボーイングにしてもエアバスにしても機体製造においても
過去の事故をフィードバックしつつ、より安全性の高い機体を製造しているんでしょ
うね。
奇しくも今年の8月12日。ANA羽田⇒伊丹便で急減圧の事故があったそうですが、無
事羽田に戻れたとのこと。
乗組員も乗客も怖かったと思いますが、機長をはじめCAの方、運航に関わるスタッフ
さんの努力があって事故にはならなかったことが素晴らしい。
飛行場が増え、羽田にしても成田にしても滑走路が増えてますし、機体も小型化して
いる昨今、離着陸回数そのものはきっと増加しているのでしょう。LCCも増えたし、
今はパイロットが足りないそうです・・・ 
世界を見渡せばまだ航空機事故が減ったとは思いませんが、国内の事故が無くなっ
たのは123便事故からの教訓が大なんだろうと思います。
32年と言わず、50年、100年と航空機事故は経験しない世の中になればいい。
航空関係者の皆さん、よろしくお願いします。
事故で亡くなられた方々もそう思っておられるでしょう。

|

« 盆踊り・・・ | トップページ | レジェンド・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 盆踊り・・・ | トップページ | レジェンド・・・ »