« 久々の のなかさん・・・ | トップページ | ゲリラ豪雨・・・ »

蝉・・・

今夏はお天気が不順で雨ばかりですが、昨日は窓を閉めて走っていても蝉の声 

雨ばかりで、蝉も地上に出るタイミングを伺っていたんでしょうね。
もうこのまま地上に出ないと困るぞとばかりに一斉にミンミン啼き始めた。
例年だともうこの時期、動かなくなってひっくり返っているアブラゼミを何度か救出して
いるのですが今年は一匹も出会っていません。
アブラゼミは出てこない年なのかな。
セミは何年かに一度、ハズレ年があると聞きます。
そもそも首都圏~北日本の度を越えた日照不足は40年ぶりとのことですが、これとて
特異な異常気象ではないと言うことなんですね。
やませと言う現象を子供のころ、社会科の時間に習いましたが、あれは太平洋側の
東北地方の現象だと思っていましたが、首都圏のこれも同じなんでしょうか。
蝉の場合は一年余計に土の中で幼虫やっときます・・・  という訳にもいかないん
だから大変なんでしょうね。
10年地中で暮らして・・・実際には3~10年ほどらしいです。アブラゼミだと6年間です
って・・・いよいよと言うのが今夏だとガッカリですよね。
でも昆虫として考えると長命な部類です。
冬を越せない虫もたくさんおりますからね。
もちろん種としては冬は卵で越してはいますが。
土の中は比較的温度が一定と聞きますが、カレンダーもなしに何を頼りに10年の月日
を計算しているんでしょう?
とても不思議です。
今夏は夏らしくないまま秋になるのかと言われていますが、少なくとも蝉業界ではまだ
秋の気配はありません。
晩夏はつくつくぼうしが出始めます。
つくつくぼうしが鳴き始めると、宿題の危機ですからね 
最近の子供たちは計画的に夏休みの宿題をやる子が増えているそうですが、体内時
計の精度が上昇しているんでしょうかね 

|

« 久々の のなかさん・・・ | トップページ | ゲリラ豪雨・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 久々の のなかさん・・・ | トップページ | ゲリラ豪雨・・・ »