« いわし | トップページ | インフル禍 »

慶喜さん・・・

徳川慶喜さん・・・。

江戸幕府最後の将軍で、鳥羽伏見での敵前逃亡等もありましたので、頭のいい人ほど
いざという時には頼りにならないあほになると言うイメージを持っていました。
ただ将軍になる前から徳川幕府は衰退しており、諸外国が虎視眈々と日本を狙う状況
にあった。
歴史の流れを知っている後世の人間からすると、明治政府を創った志士達を応援しが
ちですが、慶喜さん側から見た時の大政奉還からの徳川幕府が取った戦略ってのは
どうだったんでしょうと考えました。
天皇を中心とした徳川幕府とは違った政権の構想も慶喜さんにはあったらしい。
天皇さんからの信頼の厚さもあり、明治新政府的なカタチにしつつ慶喜さんが大統領
的な地位に就こうと模索していたんだそうです。
ただ庄内藩の薩摩藩邸焼き討ち等が契機となって鳥羽伏見が起こってしまう。
そこで勝ち目がゼロではなかったものの、冒頭の敵前逃亡・・・が。
ただ徳川幕府を考えず、『日本』を考えると徳川と薩長が血みどろの戦いを繰り広げて
いたら、きっと欧米列強から攻められ、植民地化していた可能性が大だったんでしょう。
明治政府で要職には就けなかったけれど、結果として徳川家は存続もしましたしね。
徳川家の存続にこだわらなかったと言う大局観と言うのはやっぱり聡明な方だったのか
なぁとも思うに至りました。
志士の面々も判っていたからこそ、爵位が与えられ、貴族院議員としても活躍した。
徳川家の当主に選ばれながら、徳川ではなくて日本を考えて行動したと言うのはやっぱ
り立派です。
物凄く難解なパズルを見事に解いたからこそ、今の日本がある。
西郷さんや大久保さん、木戸さんに龍馬さんの方に目が向きがちですが、いやいやどう
して慶喜さんがあればこその明治という近代国家が生まれたとも言えるのかな。
時代の流れを見る目がないからと、実は新選組は私は大嫌いでした。
でもそれぞれの人が自分の持ち場で最善な働きをしたからこその『今』なんですよね。
なんとなく司馬史観?に引っ張られて明治政府側に肩入れしてしまうのですが、徳川
も満更ではなかったんだなぁと思うに至りました。
まぁ、私が今更ながらに慶喜さんの評価を変えたからと言っても何も世の中は変わり
ませんけど bearing
歴史の磯田先生の本を読むようになって、いろいろと考えるんですよ~。

|

« いわし | トップページ | インフル禍 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いわし | トップページ | インフル禍 »