« ヘリ・・・ | トップページ | 雨・・・ »

拓郎さん・・・

吉田拓郎さんと坂崎さんのオールナイトニッポンゴールドでのお話し・・・。(数年前です)

拓郎さんはライブの時に『落陽』を越える観客が盛り上がる歌を作りたい・・・。
若い世代にも支持される歌が欲しいんだと坂崎さんに語っていました。
確かに拓郎さんのライブでは『落陽』と『春だったね』は観客が総立ちになります。
私も落陽や春だったねは大好きですが、全部抱きしめてや人生を語らずなんかも
大好きですし、LIVE~全部だきしめて の時の『外は白い雪の夜』を聞いた時には
前から5列目と言うこともあって、ただただ泣いてしまったんですよ。
ただ新しいものを創ろうと言う創作意欲と、若かりし頃には降りて来た音楽の才能が
今では絞り出して新しいものを創ろうと格闘する。そして過去の自分の作品をパクっ
てしまう・・・ sweat01 創作の苦しみを淡々と坂崎さんに語っています。
拓郎さん曰く、陽水さんにしろ、小田さんにしろ、みんな苦しみながら創っている・・・。
昨日の虎ノ門ニュースで百田さんが作詞は、十代、二十代の感性が大事で、歳を
とるにつれて、いい作品が産み出せなくなる傾向にある。その点、作曲家はどんどん
研ぎ澄まされていく・・・と話されていました。これはクラッシック音楽なのかなぁ。
冒頭の拓郎さんと坂崎さんのラジオに戻りますが、昔の歌謡曲みたいな先生と言われ
る作詞家と作曲家が作った曲を歌手が歌うと言うスタイルを、拓郎さん達、ニューミュジ
ックと言われる方々は壊して行ったとも語ってました。
確かに今は作詞家・作曲家のコンビの作品って随分と減ってますね。
もう拓郎さんや陽水さん、小田和正さん達も70代付近ですからね。
確かに新たなものを産み出すってのは大変なことなんだろうなぁ。
アーティストはそれと闘わなければ仕方ないとも語っておられました。
さてさて。今夏、拓郎さんの新たなアルバムが出るそうですし、ライブもそろそろやりたい
ねと話されておりました。
めっちゃ楽しみです。ライブは首都圏だけでなく、もうちょい増やすとか増やさないとか。
もうここ3回ほどライブの抽選に外れているので、今回は当選して欲しいなぁ。
もう10年前になるのかな。ムッシュがゲストで出た小ホールでのライブで、結局、伊勢の
コンサートに当選してしまって、それでもライブを楽しんで、名古屋から寝台急行銀河で
帰ってきたことがあったなぁ。
ライブチケット、今回は当選したら嬉しいなぁ~ happy02

|

« ヘリ・・・ | トップページ | 雨・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヘリ・・・ | トップページ | 雨・・・ »