« 明治維新 | トップページ | 棲み分け »

新快速のAシート

JR西日本は24日、京阪神などの東海道線を走行する新快速電車で、2019年春に有料
座席サービスを導入すると発表した。利用料は一律500円。混み合う時間帯でも着席でき
るようにし、乗客の快適性を高める。
 運転区間は、東海道線の琵琶湖線(長浜-京都)、京都線(京都-大阪)、神戸線(大阪
-姫路)の一部。ダイヤは朝夕のラッシュ時を想定し、1日上下4本から始める。通勤・通学
客のほか高齢者や訪日観光客などのニーズを見込む。
 12両編成のうち9号車1両を改造し、「Aシート」と名付ける。座席は46人分で、リクライニ
ング機能とテーブル付き。給電用のコンセントや無料のWi|Fi(ワイファイ)環境も整える。
座席は自由に選べ、料金は車内に配置する乗務員に現金や交通系ICカードで支払う仕組み。
(京都新聞)
さてさて。首都圏の普通グリーン車よりもお安い価格で着席できるシートをJR西日本で
導入するそうです。
関西人はケチやから、グリーン車は流行らない・・・と言われておりましたが、新快速なら
いけるんじゃないのかなぁ。
1日4本なんてしみったれたことを言わずに、JR東日本がやっていたグリーン車の数が
準備できるまでの間、普通運賃で乗っていいよと言えばいいのになぁ~。
座るれるのはラクチンだし、500円位ならば売れるでしょうに。
1日4本で定着できない方が問題。全ての新快速にAシートを早期導入しないときっと失敗
しちゃいますよ。
関西人がケチなんじゃなくて、JR西日本の施策が下手なんだ 
今の内からそう言っておきましょう。
(私も関西人ですから  )

|

« 明治維新 | トップページ | 棲み分け »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 明治維新 | トップページ | 棲み分け »