« 北海道新幹線 | トップページ | 褒めて・・・ »

勤務医さん

医師の働き方改革を巡り、2024年4月から勤務医に適用となる残業時間の上限規制

について、厚生労働省が将来的な上限を「年960時間」とする方向で検討を進めて
いることが12日、関係者への取材で分かった。地域医療提供体制の維持や技能向上
を理由に、より長い上限が必要として、特定の医療機関の医師は当面、上限が年千
時間を超える見通し。
いずれも休日労働を含めた時間。年960時間は1カ月に換算すると80時間で、脳・
心臓疾患の労災認定基準となる「過労死ライン」と重なる。千時間超は過労死ラ
イン超えとなるため、妥当性を巡って議論となりそうだ。(共同通信)
これ、厚労省の作った夏休みのスケジュール表みたいなもんですね。
医師の働き方改革が必要ならば、厚労省なんだから医療行政そのものを見直さないと
ダメなんじゃないのかなと思います。
勤務医さんが居るような大きな病院に患者が集まらないようにする工夫とかね。
好きで過労死ラインまだ残業している訳じゃないんだから。
医師をもっと採用して、やるべき医療の総量は変えずに医師の増加で乗り越えようと
言うのかな。今は病院経営が大変だと聞きますが、病院経営はそれで堪えられるのか
な。やるべき医療の総量を減らすしか方法はないんだろうと思うんだけど。
厳しい言い方かも知れないけれど、軽い病気は病院に来るな的なですね。
風邪とかなんとか市販薬で対処できることは市販薬で済ませなさい。どうしてもという
時には自由診療ですよでいいんとちゃう?
そうするとかかりつけ医の患者が激減して、大病院に廻している病気の中でもかかり
つけ医がちょっとした手術ならやっちゃいます・・・となって、大病院に行く患者も減りま
すわ 
もしかしたら平均寿命がちょっと悪化するかも知れませんけど、男性で84才が平均寿命
ってのもちょっと長過ぎです。
年金も医療費も平均寿命が延びれば延びるほど経費がかかる訳ですし。
健康寿命でいいんとちゃいますか。
ぴんぴんコロリを仏さまにお願いして廻るなんて言うのもどうかと思います。
医療の在り方をもっと考えて欲しいなぁ。
病院は儲かりますけど、医師も患者も嬉しくないっていうのであれば・・・ねぇ。
あるいはAI の活用で、医師は判断業務をやらなくするとか。
採血だけしたら、そのデータをAI に判断させて、処方箋まで出させることなんて難しく
ない気もします。
あれ?そうしたら大病院の医師の仕事の大半は無くなるんじゃない?
手術だけ・・・。
AI は残業させても怒らないでしょ。
そしたら医療費は激減するかも。
AI は間違わないから、もうこれは時間の問題・・・なんて判断したらクスリも出してくれ
ないでしょうし。平均年齢をインプットさえしておけば、それに見合った治療をするので
年金も黒字化するかな。
長命だけを望む医療ではダメとかなんとか言いそうです。
こうなると・・・今の医科大学の入試の問題だって随分と変わって来るなぁ。
※今の勤務医さんは本当に大変だと思います。
頭が良くないと医師免許が取れないでしょ。晴れて医師になったら今度は体力勝負の
アスリートじゃないとダメだって言うんですからね。医師のみなさんは強力なリポビタン
を飲んでるのかも知れませんね。スーパーデラックスリポビタンαD EX とかなんとか。

|

« 北海道新幹線 | トップページ | 褒めて・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 北海道新幹線 | トップページ | 褒めて・・・ »