« 造幣局 | トップページ | 埼玉 »

横綱

稀勢の里さんが引退したんですけれど・・・。

思い返すと朝青龍さんの立ち居振る舞いで『横綱らしからぬ・・・』と随分と怒っておられた
横綱審議委員会。
横綱とは他に類を見ない圧倒的な強さと品格を持つ力士で、『神の依り代』なんだそうで
す。だから降格はない訳ですね。
怪我の影響もあったのでしょうが、稀勢の里さんの横綱への推挙に関しては、横審はや
っぱり詫びを入れるべきだと思います。外国人横綱ばかりになった大相撲で、どうしても
稀勢の里さんに日本人横綱になって欲しかったんでしょう。
でも無理な判断だったから、稀勢の里さんの力士としての選手生命を縮めてしまった。
あの成績だから横綱としての品格も下げてしまったように思います。
文句ばかり言うのではなく、間違った判断をしたら謝るのも大事でしょう。
稀勢の里さんの成績に鑑み、現在の横審のメンバー全員が辞めるくらいの事はして欲し
い。
横綱には引退しかないんですからね。
推挙の判断を間違ったら、横審もそれなりの覚悟を持ってもらわねば。
相撲界のゴタゴタがいつまでも止まないのもなあなあのなれ合い体質が力士にも横審
などにもあるんじゃないのかな。
一番安全地帯に居て、テキトーなことばかり言う横審が一番不要で、横審が機能しない
のであれば、横綱だ大関だなんて呼称も止めて、序列1位みたいなランキングにすれば
いい。横審なぞ必要ない・・・。
横綱に推挙するとはどういうことなのか、しっかりと認識したうえで仕事をしてもらわなき
ゃ力士もやっていられない。
文句を言うなら責任も取れ 
横審に品格が無いから横綱の品格も無くなるし、弱い横綱が生れてしまう。

|

« 造幣局 | トップページ | 埼玉 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 造幣局 | トップページ | 埼玉 »