« 初詣 | トップページ | 大阪 »

漁業

昨日の虎ノ門ニュースでのお魚屋さんの生田さんの発言は良かった。

日本の水産業の在り方に怒っておられました。
資源は大事に守らなきゃ。。。
水産庁のデタラメさから、クジラの問題まで。
マグロの幼魚を獲ってしまうってのも問題ですね。
日本の海を含めた国土は世界6位だと聞いておりましたが、生田さんは海の体積
換算だと世界4位なんだとも。深い海なんですね。日本近海は。
そして親潮が栄養のある海水を運んできて黒潮とぶつかり、そこは深い海でもある。
お魚の産卵場でもあり、資源は管理されておれば元本は枯渇せず、利息部分だけ
でも充分に食っていける素晴らしく恵まれた漁場がEEZ内にあるんだとも 
水産地用のデタラメな資源管理の結果、スルメイカは資源量がクラッシュしており、
スケソウダラなんかも危機的状況。資源のクラッシュとはニシンがいい例で、昔は
海の色が銀色に見えるほどニシンが獲れた。舟がニシンの群れに乗っかって浮き
あがったり、逆に獲れすぎてニシンの重みで沈むほどだったと言います。
それがある時からニシンが獲れなくなり、未だに資源量は回復していないのだとか。
自力回復が出来るラインを超えてなお乱獲し続けると自力回復が出来なくなる線が
あり、それをクラッシュと呼ぶそうです。スルメイカの不漁、サンマの不漁などの声が
聞こえてきますが水産庁が仕事をしていないんだと生田さんはお話しされておりま
した。
なるほどなお話しで、ズワイガニが今年は獲れ過ぎており、漁獲枠の達成まで残り
僅か。まだ漁期は残っているので、再割り当てをすると発表されています。
資源量のことを考えず、目先の利益ばかりを追って・・・。
これでは漁獲枠の意味はない。
ちゃんと子々孫々までこの海を、日本の漁業を守らなきゃいけないとも語っておられ
ました。
北欧では食用のお魚のほとんどの魚種が資源管理の対象になっており、最初は
漁獲量の制限に大反対があったそうですが、時の経過とともに、資源が豊富にあれ
ば収穫量は逆に増える。その一方で資源管理を効率的に捉え、A社・B社がそれぞれ
漁船を保有していたのを共同で変わりばんこに使うことにする等の工夫で経費は
抑えられたりもしている。結果として漁師さんの収入はグンと上がって下っ端の漁師
でも2000万円位の収入があるんだよと紹介されておりました。
日本の沿岸漁業の漁師さんの年収は300万いくかいかないかだとも。
水産庁が日本の漁業をダメにしているんだ  と言うお話しは説得力がありました。
日本近海のマグロの産卵場所があり、産卵のために集まって来る 
それを巻き網で一網打尽にしてしまう。
せめて産卵した後に獲ればいいのによ 
そう言えば先日のニュース女子でも捕鯨問題で、水産庁のデタラメさを指摘されて
おりました。
私はお魚が苦手なのでほとんど食べないですけれど、50歳にもなりますと、今後の
日本。これから後世に残していくモノを考える様になってくる。
日本列島の成り立ちから考えると深い海は、地殻の動きから地震や津波等の災害
も引き起こすデメリットもありますが、漁業資源から考えると後世に残さなきゃなら
ない豊かな海でもあります。
政治・行政が真剣になって資源保護、漁業の再興に尽力しなきゃダメだと思います。
生田さんのお話しだと、もう遅すぎるのかも知れませんけれど。
スルメイカやスケソウダラ、ホツケも厳しいと言ってましたね。
サキイカやたらこ、明太子が気軽に食べられなくなってしまう日も遠くない・・・。
漁師さんの為にも北欧流の資源管理をやって欲しいものですね。

|

« 初詣 | トップページ | 大阪 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 初詣 | トップページ | 大阪 »