« リーダー | トップページ | 水際 »

エール

槇原敬之さんの覚せい剤使用の逮捕劇・・・。

昔、パペポで上岡龍太郎さんが、覚せい剤を使うのは売れない芸能人なんだと話していたんですよね。

大きな舞台で、渦を巻く拍手喝采。

拍手と言うのはホール全体からすると後ろや2階席の音が遅れるので、本当に渦を巻くように聞こえる

んだそうです。

その時の気持ち良さったらないんだと。

あの快感を知ってしまうと、覚せい剤ナンテ使おうと思わんよと話してたんだよなぁ。

私は・・・そんな経験がないのでよく判りませんけれど、槇原敬之さんなら大きな舞台で渦を巻く拍手

喝采を経験しているように思うんだけどなぁ。

もうベテランの域に入って来てはいるけれど、まだまだお客さんは全然呼べる超一流のシンガーソング

ライターと違うのかな。あまり彼の曲は聞かないからよくは判らないけれど。

吉田拓郎さんと井上陽水さんがラジオで語り合ってる番組で、若い頃は曲が天から降りてくる様に、曲が

湧いて出て来たけれど、お歳を召された今は、やっぱり生みの苦しみがあるとは言ってました。

あれだけ曲を作ると、知らず知らず、自分の曲をパクっていることもあるんだ・・・なんて。

そう言う創作活動の行き詰まり・・・でもないと思うし。

今だっていろんな曲を創って評価されてますもんね。だからこそ、逮捕後の対応にテレビ局も追われている

みたいだし・・・。

前に1回逮捕されて、干された時期もあったんだし、ファンがまた戻ってくれたのになぜに期待を裏切るの

かなぁ。もったいない。

次の復帰はなかなか容易じゃないでしょう。

2度のしくじりはキツイです。

罪をしっかり償って、高い壁を乗り越えて、またいい曲を世に出す時期が来るといいけれど・・・。

 

|

« リーダー | トップページ | 水際 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« リーダー | トップページ | 水際 »