« 雨 | トップページ | 豪雨 »

叙事詩

雨は歌の文句になるとか、抒情的などと言ったもんだから・・・ ☔

歯医者の予約時間に雨ですやん。

仕方ないから歩いて行ったのですが、また今日もウィーンウィーンと機械が唸り、痛かったら右手を

上げて攻撃をされるもんだからこちらも、右の手と左の手を恋人ツナギで防御しました。

50過ぎたオッサンが痛いからって手を挙げられませんでしょ。

実際には2度手を挙げたかったけれどね。

しかしです。オトコも50歳を過ぎてみるもんですね。

右手を挙げたかった2度に限らず、うがいしなさいと起こされるたびかなぁ~。ちょっとずつ魂が

抜けて行くんですよ。歯医者の治療中に。だんだん天国が近くなってくるんでしょうか。

恋人ツナギをした右の手と左の手の愛情が深まったのか、強く手を握り合い、これまた2回、先生

から唇の力を抜いて下さいと注意を受けました 💦

全然力入れてませんで。唇に力って・・・ 💧

ホンマや、いつの間に・・・ 💦💦 と言う歯医者さんタイムでした。

歯医者さんは嫌ですね~。

お会計の間に、口から出た我が魂を集めたつもりだったのですが、雨のせいで今日は自転車で行け

なかったもんだから歩いて帰らないといけませんでしょ。

出産してすぐの女性に歩いて帰らせるようなもんで、私の足に全然力が入りませんねや。

あっ、私、出産経験ないですけどね。想像で書いてます・・・。ハイ。

帰り道の長かったことったらなかったですよ。

雨の日に歯医者さんには行くものでない。

叙事詩に書いておきたい気分です。

 

未開の奥地に、歯医者の機械を持って行ったら、絶対に現地の方々は魂が千切れて飛んでいくのが

見えるだろうなと思いながら帰路、ふらふらと歩いて帰って来たのでした。

奥地とお口をかけた訳ではありません。念のため。

 

|

« 雨 | トップページ | 豪雨 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 雨 | トップページ | 豪雨 »