« のしイカ | トップページ | 小顔 »

防衛

東京新聞の記者が河野防衛相の記者会見で、『安全保障政策の見直しで相手国の領域へのミサイル阻止能力等を

検討する場合は周辺国からの理解が必要なのでは』と自説を披露され、中国や韓国の理解が得られないのでは?

とお話しされたのだとか。

河野防衛相は『中国がミサイル増強している中で、なぜ中国の了解が必要なのか?』と問い返し、ならば『韓国

はどうか?』と東京新聞記者は更に尋ねたと言います。(映像見ました)

『防衛』に関して、中国や韓国に了解を得なければならないと言う東京新聞記者の考え方がおかしいとは思って

おられないのでしょう。

新聞が売れなくなるはずですね。

攻めて来たら真っ先に逃げ出す輩なのでしょう。

もっと言うと、周辺国に日本を売り渡してお金を稼いでいると言う事なのかな。

まずは日本を防衛する方法を真剣に考えてもらわねば。

名前も判っているのだし、東京新聞さんはその記者さんに、自説をしっかりと新聞紙面に発表させていただき、

その是非も紙面で同時に書いてみてはどうでしょうか。

『日本の防衛について考えた』と。

そして東京新聞としてはこう考えるとも論じて欲しい。

日本の防衛、自衛隊員さんの仕事・・・。

私は攻撃してくる国があれば毅然と戦わねばならないと思うし、もしその場合、貧弱な武装で自衛隊員さんに

戦ってもらいたくない。

戦争は極力回避すべきだし、その場合には日本の戦力が抑止力になる。その理由から核兵器さえも持っても良

いのではないかとさえ思う。戦争を回避するには均衡した戦力が最低限必要で、出来るならば相手より強くな

ければ攻め込まれてしまいます。核兵器を使う事態になれば私の命はもはや消えてしまう時なのでしょう。

先祖から連綿と引き継いで来た日本の国土を将来の日本人に託したい。

この考えの何がいけないのでしょうか。

日本は幸いにも太平洋戦争後は戦争に参加していません。が、近隣には人権を蹂躙されている国が、今この時に

もあるではないですか。全日本人の人権・財産を守るために必要なことはして欲しいと思います。

戦争はすべきでないと言う思いを胸に、数年前に靖国神社に行きました。

当時はあればスタンダードだったのかも知れませんけど、あまりの貧弱な武装に涙が出ました。

敗戦の事実を知っているからなのでしょうか。

戦争はいけないと改めて思いましたよ。靖国神社に行きましたらね。

国を守るために命を落とされた方々に対し、自然に頭が下がり、手を合わせ、この国を後世にきちんと伝えますと

誓いました。

記者と言う安全地帯に身を置いて、防衛相の記者会見で発言するのは記者の職務としていかがなものか。

ぜひ一度、後世に日本をバトンタッチする方法を考えてから記者会見に臨んでもらいたいものです。

(中国は武力増強しているではないかと言う河野さんの問いに、では韓国はどうかと問うた時点で、日本の防衛に

無関心な方なのだなと推察しました。)

先ほど、ニュースで香港のアグネス・チョウさんが収監されることになったとの報道を見ました。

民を扇動した罪なんだそうです。

こちらに関しても何もできない自分が悔しいなと思います。

逃げてほしい。イギリスの領事館などに逃げ込めないものなのでしょうか。

自由を守ろうとすることが罪になるんですよ。実際に。

東京新聞は、記者さんはアグネスさんの件をどう考えるんだろう。

圧倒的な暴力で鎮圧されたデモ活動をどう考えているのだろう。

世界はこれを放置するのかな。

 

 

 

 

 

|

« のしイカ | トップページ | 小顔 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« のしイカ | トップページ | 小顔 »