« 辞任・・・ | トップページ | 残暑お見舞い申し上げます »

尊厳

8月と言う事もあり、戦争にまつわるいろんな映像やら本を読みました。

学校では日本はむちゃくちややったと習ってましたが、武士道じゃないけれど、敵の兵士さんや

現地の方々にもしっかりと向き合ってこれた方々のお話しがたくさんありました。

戦争が終わって何十年も経過してもなお、日本の兵隊さんに敬意を表されているイギリスの方の

お話しや南国のおじいさんのお話し・・・実際に経験されたお年寄りがお話しされていましたの

で嘘はないと思います・・・をいくつも見聞きしました。

今は戦う立場ではあるけれど、それ以外では人と人。相手への尊厳をしっかりと持ち、接する。

だから敬意を持って相手も接してくれるのでしょう。

どんな環境下にあっても人としての誇りを失わない。

それが相手への脅威にもなる・・・。

昔戦ったおじいさんたちが握手する姿は神々しいと思いましたよ。

『強い』と思わしめる態度なんだろうなと思うし、その記事やインタビューを見て泣きました。

清々しさは心を打つ。時の経過で劣化しない崇高さがあるんだと思います。

昨日、安倍さんが辞任すると会見で発言しておりまして、それを受けて与野党の面々や評論家

が発言しておりました。

野党の一部の方々の発言が酷かったですね。

相手への敬意なぞ微塵もない。

こんな人が上に立つ世の中は悲しいし、また恐怖でもある。

野党がすぐに仲間割れをするのがよく判ったです。実現したい政策の前に同僚だとか仲間を

もすぐに罵倒しちゃうのでしょう。

病気を抱えながら仕事をすることは悪だと捉える方々なのでしょう。

彼らが政権を取ると大勢の方々が粛正されてしまうかも知れませんな。

『弱者のミカタ』と政策では発言しておりますが、人への敬意に立脚しない『福祉』は怖い

ですよ。

政策の実現のためには手に手を取って共闘することだってある訳で、議員の前に人であるべ

きです。なにも算盤ずくでそうしろと言うのではありません。素養であり『器』だと思いま

す。今、まさに国民、日本国そっちのけで自身の立場を守るための離合集散の算段をされて

いる折でもあり、余計に『器』を知らしめることになったのではないでしょうか。

私はこれからも『楽しく暮らしたい』と思っています。

|

« 辞任・・・ | トップページ | 残暑お見舞い申し上げます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 辞任・・・ | トップページ | 残暑お見舞い申し上げます »