« 女神 | トップページ | 落語 »

緊急車両

昨日は朝のジョギング時からマイコースに救急車が停車してまして、クルマでの移動のすれ違いも含め、さいたま市内

をウロウロしていたのですが、20台くらいの救急車とすれ違いました。

救急隊員さんがビニールの服に酸素マスク?みたいなのをしているのはコロナで、もうちょっとラフな格好の救急車は

熱中症やその他の疾病・怪我と言うところなんでしょう。時期的に病院がお休みになっているところもあるので、他市

町村からやって来ている救急車もお見かけしました・・・。

病床使用率と言うのもそれほど高くないままで第七波はクリア出来そうで良かったですわ。

第七波に感染された友人・知人は結構な数、やっぱり出ましたけれど、誰も入院してません。

後遺症もなく完治してほしいものです。

救急隊員さん、また医療関係のみなさん、お疲れ様です。そしてありがとうございます。

救急車に乗ったことが無いのでよう判らないのですが、発熱患者さん用の隊員さんは車内暑くないのかな。

救急車って年々大きくなってきているから大きなエアコン積んでいるのかなぁ。

パトカーとは数台だけしかすれ違わなかったけど、お盆なので街中を走るクルマの台数も少なかったからセーブして

いるのかも知れません。コロナや病気は避けようがないですが、交通事故は注意力を発揮すれば確率はぐっと減らせます。

ひとつ安全運転を心がけましょう。

そして・・・。こら~中国、ミサイル打ってきなや!危ないやんけ! こちらは自衛官さん向けの・・・。

自衛官さんのは緊急車両・・・ではないなぁ。緊急船舶?緊急飛行機?スクランブルですわ。

|

« 女神 | トップページ | 落語 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 女神 | トップページ | 落語 »