« 代替わり | トップページ | オセロ »

弔意

ウチのオカンがコロナの第5波の時に電話で言うてたんですけど、ジジババの世界ではお亡くなりに

なられてもうっかり葬儀の案内は出したらアカンと言うのが暗黙の了解やと言うてました。

葬儀で密になって、参列者を結果としてあちらに招いてしまうのが罪と言う意識があるのだとか。

『あっ、そうなん。それなら私は今埼玉に住んでるから、埼玉の空から手を合わせればいいんやね。』

と言うたら、『アホ、身内は別や。喪主やろ。アンタわ。』と叱られました。

大阪は確かにコロナの波に晒され続けましたが、全国的にお年寄りの意識は似たようなものなのかな。

そこに今回の国葬儀。大勢の参列者が集まる巨大な葬儀にムカッとされたお年寄りも多かったのかな。

またマスコミが対立を煽った方が視聴率が上がり、新聞や雑誌が売れるからと煽りまくりました。

お年寄りの不満が爆発して・・・国論が2分した、と言う新聞もありましたけど、私の眼には多くの

良識ある方々は、主義主張は置いておいても、長きに渡り国の舵取りをされ、思わぬ形で命を奪われ

た人に手を合わせたいと思われていたように見えました。

反対される方々の中にも何も葬儀の時に大騒ぎをするのは違うのではないかと思われた方々も居たの

かも知れません。

今どきはお墓も立てずに樹木葬や海に散骨なども増えていると聞きます。

何も葬儀だけじゃなくて結婚式だってやらないカップルも多いらしい。結婚式場は経営が大変だと

聞きますわ。

マスコミと一部の野党は、ここぞとばかりに大騒ぎをしましたが、冠婚葬祭に対する意識が変わって

来ている日本人にも受け入れがたい行動だったんだと思うなぁ。

葬儀は粛々と済ませた後で、やっぱりこうすべきだったんじゃないのかなと言った方が支持は集まった

気がします。主義主張よりも人としてどうなんだろうと・・・。

|

« 代替わり | トップページ | オセロ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 代替わり | トップページ | オセロ »