« また波来るの? | トップページ | ジャンボカツカレー »

考察

今朝・・・ジョギングに出たものの、『歴史』について考え事をしていたら、ウォーミングアップの徒歩のまま

なんと8キロ歩ききってしまって、あれ?走るの忘れてた・・・となってしまいましてね。

夢中になると言うのは怖いもんですわ。

こんなん初めてのことです。

何をそんなに夢中になったのかと言いますと、先日見た『土偶』ですねんわ。

Img_0565_20221112190301

土偶って、私はきっとこれは縄文版御守りやで~と思ってます。縄文人は重たい目をしても御守りを持ち歩きた

かったんやろうなぁ~。

するとこの土偶はめっちゃデコレーションがたっぷりやから、名人の作で高かったんやと思います。

縄文時代って私が学生の頃学んだ狩猟採集の生活じゃなくて、しっかり農業があったらしいとのことが判って

います。コメでなくて栗とか保存が出来る実や根菜を栽培し収穫していたそうな。

そうなると武人や神官が発生できるだけの集落を作れたのではないか。

ウチの神官(神主)はめちゃ恰好いい土偶作るで~となって引く手あまたな土偶もあったんじゃないのかなぁ~。

Img_0563_20221112191201

これ鬼ぐるみの土偶と言われているそうですが、これは下手な感じ~。

Img_0564_20221112191201

見つかって国立博物館に収蔵されているものがこれだけある訳だけど、もっといろんなところに、

例えばまだ土の中にもあるんでしょうなぁ。

さて、そこでだ。偶像崇拝の対象で立派なものが出来れば、神社にそれを鎮座させて、あとは兌換紙幣みた

いに、持ち運びが簡単な依り代を作れば、神主も信者もラクチンなんだけど、そこまでは考えが廻らなかった

気がする。ゆえに御守りは持ち運ぶしかなかったんじゃないのかなぁ~。

いつの時代からなんでしょう。学業とか交通安全とか、将棋の駒みたいな形のお札を御守りにすることを考え

たのは。天才の神主ですわ。

もっと賢かったのは、賞味期限は1年内にしようと考えた神主さんですけど・・・。

御守りに消費期限があったらそんな神さんパッチモンですもん。神さんのパワーがもしあれば、1年限定の

御守りなんか作らへんで。お札に『えいっ』と神さんが念を込めたら、それは一生もんやと思うわ~。

それを神主がそれでは商売にならんから、賞味期限は1年やで。1年経ったら神社に持って来てもらってそれを

燃やしたらええなぁ~と神さんに内緒で決めたんやと思う。

神さん関係の規格なんてそんなもんじゃないの?

こんな壮大な縄文文化への考察を、どんどん内に思考を深めてたら走るの忘れました。

これは歴史学なのかなぁ、文化人類学?宗教学?

明日も走るの忘れたらアカンから、脳内で考えるのでなく、ブログに書いておこうと思った次第。

著作権なんてしみったれたこと言いませんので、ご興味のある方はご自由にご利用くださいませ。

|

« また波来るの? | トップページ | ジャンボカツカレー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« また波来るの? | トップページ | ジャンボカツカレー »