« つり堀 | トップページ | 目下2位・・・(芝川つり堀) »

算術

2+3=5。

3×5=15。

今までこんな世界で生活してきました。

昨年11月より腸活を始めたのですが、毎日乳酸菌やら酪酸菌なんてやつを1日に何千億個?も飲むんです。

いやいや恵方巻みたいに乳酸菌を飲んでる訳じゃないですよ~。所定の錠数飲むと自動的にめちゃくちゃ

大量の菌を飲んでるらしい。それが腸内で身体に良い事をしてくれるのですが、残念ながら善玉菌と言う

やつが死ぬのか体外に排出されてしまうのかしりませんけど、まぁ飲み続けなきゃダメなんです。

今まで50と数年間、全くノーケアだったのに、いきなり錠剤でしょ。

まぁ腸の調子がいいのなんの。

うっかり仕事で錠剤がのめない時なんかがあるでしょ。

そしたらもう調子が悪いんです。

今まで50年超、そんなことは無かったのにね~。

腸活なんてのは、腸を甘やかしすぎてるのかなぁ~。

日本は環境衛生が整い過ぎてるので、外国に行くとよく体調を壊す方が居ると聞きます。

言わば慣れの世界ですわ。

腸活していると体調はすこぶる良いので、もう錠剤が手放せなくなってしまっているけど大丈夫なのかな。

何兆と言う善玉菌をこの数ヶ月で摂取しちゃったからなぁ~。

きっと私の腸は善玉菌だらけです。自己繁殖して、錠剤無しでも最高の腸内フローラになればいいのに。

不思議なこともありまして、ちゃんとした医療方法として、健康な腸内フローラを持つ方のうんこを貰って

・・・さすがに口からじゃなくて、お尻からもらってお尻に入れるんだと思うんだけど・・・放っておくと

健康な方の腸内フローラの方と同じ腸内環境になるとのことなんですよ。

なんで医学的な治療としてうんこを貰う方法はフローラが長期間維持できて、錠剤の乳酸菌は毎日朝昼晩と

飲まないといけないんだろう?

1日1回とか、1週間に1回くらいで済めば楽なのになぁ~。

文系的にはうんこ療法と、毎日の錠剤はちょっと矛盾していると思うんだけど、錠剤の善玉菌は定着率が

悪いのかな?

あんな錠剤にされても生きてる乳酸菌がなんで腸に入ったら1日の寿命になってしまうの?

数千億個の善玉菌がどんどんプラスされていくだけなら判りやすいんだけど、きっと引き算があるんだよね。

それが問題を難しくしているんだな。

CO2の温暖化問題と並んで、腸内の乳酸菌の問題が私の中での2023年の理科系の難問ですわ~。

きっと鶴亀算的ならぬ、ビフィズス算なんていうものがあるんだと思うんだ。

そうそう。ヤクルト1000なる飲み物も腸活に良いと評判らしい。飲んだことないけど。

ヤクルト1000は・・・ヤクルトおばさん。なんちゃって。

先日、近所の某国立大学に行って来たんで、ビフィズス算の研究がしたいとオッサンの部の願書出して

来たら良かったなぁ~。

Photo_20230107084501 Photo_20230107084602

 

 

 

 

 

 

|

« つり堀 | トップページ | 目下2位・・・(芝川つり堀) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« つり堀 | トップページ | 目下2位・・・(芝川つり堀) »