« 門限 | トップページ | 100枚チャレンジ »

8月

Youtube を見ていたら、広島の原爆資料館に来られた外国の方々にインタビューをされているものが複数あり

ました。ウクライナの戦争が始まって以来、外国の方々の来館者が10倍を超えているのだそうな。

どんなことをお話しされているのかなと思って聞いていたら、ヨーロッパ圏の方々はドイツ戦の歴史は習うけ

れど、アジア方面の事はあまり習わない。だから学びに来たと言う方から、やはりウクライナの戦争を見て、

原爆を学びに来た方々。歴史で習ったこととは違う考え方を感じ勉強になった等々。

動画を見ていて涙が出てきましたわ。

広島で、そして明日は長崎で平和祈念式典があります。

過去に亡くなられた方々への鎮魂の念を持って平和の尊さを実感し、戦争はダメだと改めて思うことはとても

大事ですね。何十年もそう思って来たし、またこれからもそう思い続けなきゃ原爆で亡くなられた方々、そし

て他の爆撃や、戦地で亡くなられた方々だってそうだし、何も日本人だけでなく、全世界の方々に慰霊しなき

ゃいけないと思います。

その一方で、今はウクライナの戦争が距離的には少し遠いけれど起こっていて、ほぼ毎日、いろんな情報が入

ってきます。

広島、長崎、そして終戦の平和式典に参加したり、参加は出来ないけれどその情報に接した私たちが同様の

インタビューを受けた時になんと答えるのかなと言う事にも考えが及びました。

私の考えは先日の思考の回に述べましたが、ああ書いては見たものの、果たしてそうなのかなと思うことも

多々あります。時にはこうして考え、頭の体操もする中で、未来の平和が築かれるのかなとも思います。

運転免許の更新の一連の作業が無意味だとは思わないけれど、怖い映像を少し見て、新しい免許証が交付さ

れてはい終わりと言うのではダメなんだな。

台湾有事の可能性が増す中で、瞬発力を求められる事態も予想される訳で、最善とは何なのかが問われ、

そこで対応を間違えると、起こしちゃならない未来の姿が現実のモノになって私たちの目の前に出現するこ

とだって十分に可能性がある。

ヘボ将棋みたいに『待った』と言えない選択が迫られる。

本当はウクライナの戦争があったから、台湾有事が囁かれているから、ではなくて、毎年、新たな気持ちで

戦没者に向き合って来なきゃダメだったんだな。幸い、戦没者の方々に叱られることは幸い無かっただけで。

明日は台風の影響で室内での式典になるらしい。そして終戦の日。

しっかり考えることで、積極的に式典に参加しなきゃだなと思います。

|

« 門限 | トップページ | 100枚チャレンジ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 門限 | トップページ | 100枚チャレンジ »