« う~ん | トップページ | 繋がり »

早朝

朝のウォーキングでは日も短くなってきており、まだ暗い時間に歩き出すこともしばしばです。

住宅街の路地には野良猫なのかトコトコと歩いていることが結構あります。

日中はほとんど見かけない猫なんですけど、早朝は出動タイムなのかなぁ~。

眼と眼があって向こうがビックリしているなんてことも多くて、おいでと手招きしたりもするん

ですが、なかなか寄って来てくれることはありません。

その点、ゴミ置場のカラスは厚かましくて、私が横を通り過ぎてもゴミ置場から逃げないもんね。

8月中は明るくなる前後にはもうセミが鳴いておりましたが、最近ではツクツクボウシも聴かなく

なった。この残暑なのにセミはもう次の世代にバトンタッチしたのかなぁ?

変わってリリリと虫の音が物凄いボリュームになっています。

イメージのせいなのか朝はカラスが仲間を呼ぶのにカーカーと鳴いているんだけど、こちらはあま

り心地よくないのに、虫の声は心が和むんですね。

カラスは大きくて黒いこと、また物語などでどうしても魔女とお仲間と言うイメージがありますが、

虫の方は個別具体的に眺めると、嫌いな方も多いフォルムだけど、なんせほとんど姿が見えないの

と遠慮がちに鳴きますからねぇ。

近くに居る時なんかは鳴きやんだりもするから愛しさも湧くんでしょうね~。

8月のセミはうるさい、余計に暑く感じるからもうどっかに行けと思っちゃうけれど・・・。

リリリと鳴いてる虫ですが、あれは鈴虫なのかなぁ?それともいろんな種類が混じっているのかな。

ガチヤガチャガチャガチャくつわむし。スイッチョンのキリギリス。マツムシなんてのも居ますけど

子供時分はカブチムシやクワガタ、カナブン辺りまでは捕まえたけど、秋の音色の虫はほとんど知ら

ないもんなぁ。あっ、今話題のコオロギなかも居るか。エンマコオロギとかミツカドコオロギ・・・。

古い会社の社宅が壊されて今は一面に雑草が茂っていて、そこはとんでもなく虫の声が大きいです。

我が世の春を謳歌しているんだけど、もちろんフェンスには白看板が掲示されていて、老人ホームが

建つらしい。

お年寄りにも虫の声は愛されると思うんだけど、やはり建築が始まると、虫たちも一掃されちゃうん

だろうなぁ。

こんなことを考えながらトコトコと毎朝歩いております・・・。

それでも随分と涼しくなりましたよ。ウォーキングタイムはね。

お盆の時期などは建物やアスファルトから早朝でも熱が放出されておりましたからね。

今はそんなことはありません。日中の熱も夕方から夜の間でちゃんと帳尻があってるんだろうな。

|

« う~ん | トップページ | 繋がり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« う~ん | トップページ | 繋がり »