« 時代劇 | トップページ | 暑いので »

時代劇

先日、久しぶりに中村吉右衛門さんの『鬼平犯科帳』を見ました。

やっぱり痺れますね。鬼平は他の娯楽時代劇とは一線を画する作品ですね。

水戸黄門や必殺シリーズがダメだとは言わないけれど、やっぱり鬼平はいい。

見ていて思いましたもん。令和にこそ鬼平が必要なんじゃないかって。

火付盗賊改方長官の長谷川平蔵さんのお話しですが、令和の時代、火付けは厳罰だけど盗賊の方は

結構甘いでしょ。お年寄りのカネを詐欺したり、強盗したりと言うのは厳罰にしなきゃ。

いっそ警視庁とか埼玉県警とは別に歯向かうヤツは何をされても文句は言えない令和版火付盗賊改

方を設けても良いんじゃないかと思うけどな。

詐欺や窃盗、強盗の罪が軽すぎるんじゃないのかなと思う。

コスパと言う考え方はあまり好きじゃないけれど、コスパに合うと思っちゃうから犯罪に走るんだ

と思うんだ。ならばコスパに合わない罪にすればいい。

罪人にも人権があるので苦痛を伴う刑罰はダメなんだそうですが、火盗改めだけは刑罰も自由。

手向かったら切り捨て御免だ。

個人的には警視庁や埼玉県警だってそうすりゃいいと思うんだけど・・・。

被害者には人権が無くて、加害者の人権だけ声高に主張する弁護士には違和感を覚えるんだ。

死刑廃止なら、仕事人に仕事をしてもらう自由を認めてもらいたいと思うわ。

 

|

« 時代劇 | トップページ | 暑いので »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 時代劇 | トップページ | 暑いので »