« 歓喜の歌 | トップページ | 偽善 »

対策・・・

先日、クルマでの移動中にとある診療所の入口スロープでおじいちゃん医師と看護師さんが透明なフェイスカバー

をつけてぐったりしている女の子の鼻の中に綿棒を突っ込んでいる姿を目撃しました。

インフルの可能性がある子供さんが院外で検査受けてたのかなぁ~?

私も10年弱前に診療所で綿棒を鼻に突っ込まれてあまりの痛さに涙がポロポロになりましたけど、あの時はちゃん

と院内で検査は受けましたけど・・・。

コロナ以降、発熱系は院外で検査が増えた気がするけど、玄関のスロープでと言うのはちょっと気の毒に思えまし

た。

プール熱で発熱だとかインフル、コロナ・・・。いくつもの高熱を出す病気が溢れていますが、コロナで対策し過

ぎた結果、クリーンになり過ぎて病気への抵抗力が弱っているのじゃないかなと不安に思います。

いざ発病した時にはしっかり苦しんだ方が良いので昔からの手洗い・うがいの励行はするけれど、今は極力マスク

はしないように私はしています。病院等マスクが求められる場所ではしていますけどね。

だって現時点じゃなくて10年とかの単位で考えても病気の方は無くならないでしょ。

今夏からこの秋にかけても取引先が複数名コロナやインフルで高熱を出しておられたけれど、コロナ初期のように

後ろ指さされる感じじゃないし、私自身は『あっ、これであの人はコロナの免疫ゲットやな』と思いましたで。

亡くなる方や後遺症が出た方も全くなく、辛かった?と回復後に会った方々に聞いてるのですが、ちょっと強い風

邪と言う感じかなとのことでした。

志村けんさんとかなんで亡くなったの?と不思議に思うけれど、弱毒化と言うことなのかなぁ?

まあこれからの数ヶ月はなるべく感染しないようには留意しつつ過度には恐れずで過ごそうと思っています。

幽霊の正体見たり枯れ尾花・・・、ではないのは確実です。でも過度にはと、感染ピークの時には医療が混乱する

のでその時にはマスクして、感染しない様にニベアを塗っても手の消毒を・・・。ですわ。

枯れ尾花ではないけれど、そんなことしても神社のお守りくらいの効果効能でっせ。きっと・・・。

 

|

« 歓喜の歌 | トップページ | 偽善 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 歓喜の歌 | トップページ | 偽善 »