« 次の話題に・・・ | トップページ | 雪かえ? »

作品

小説や漫画本からアニメ化や実写映画化、ドラマ化する時にその作品は誰のモノなんだろう?

今まであまり考えなかったけれど、今回の騒動で視聴する側もよく考えなと行けないのかなと

思うに至りました。

よく話題に上るのは『魔女の宅急便』かな。宮崎アニメと言われる映画だけれど、原作とは筋が

違うと原作者の女性がお話しされているのを聞いたことがあります。

鬼平犯科帳は文庫本をよく読むのですが、長谷川平蔵さんは吉右衛門さんでなきゃ困るし、本を

読んでいてもあのドラマの面々が私の頭の中で毎回活躍されています。鬼平と言えば池波正太郎

さんだし、また鬼平と言えば中村吉右衛門さんだ。

きっと原作者や監督、脚本化、そして俳優や声優さんたち作り手側の考えと、我々視聴者側でも

感じ方が変わるんだろうな。

視聴者にしてみると、作り手側で不協和音があったのであればそこは上手く調整していただいて

作品として楽しめるようにしていただければと思ってしまうのですが、創る側はそれぞれが必死

なんだろうからなぁ。

創り手側はもう少し視聴者を信頼して創ってくれてもと思うんだけれど、(今回の原作者さんの

イメージとドラマの筋が違うこと等があっても原作とドラマは別モノとして楽しむことも出来ま

すし)無から形を創りだす原作者としての思いが抑えられなかったと言う気持ちも理解できます。

産み出す苦しさに対して殉職されたと言うのが私の心の中では一番しっくりくるのですが、きっ

とドラマ化・映画化・アニメ化は常に同様の問題があるでしょうから。

鬼平みたいな奇跡はそうそうないですよね。

それを見越して原作者が実写化・映画化・アニメ化を承諾しないと言うケースもあるでしょう。

その逆でそれが契機になりより幅ひろくみなさんに認知されることもあるからなぁ。

もはや縁とか運の世界のお話しなのかも知れません。そう考えると今回はいいご縁ではなかった

のかなぁ。ドラえもんはテレ朝でアニメ化する前は日テレでアニメを放映したらしいですが、1

クールで終了したと言います。その後テレ朝で2度目の放映があり、そちらで爆発的なヒットと

なり今に至っている訳で、これなども縁・運の世界だと思わないと仕方ないんだろうね。

出来る事ならば原作者の方々、ファンが悲しむことになってしまうので殉職は辞めてもらって、

縁の巡りあわせが悪かったと解釈いただきたいなぁ。嫁に出した作品が縁に恵まれずに戻って来た

としても暖かく出迎えていただいて別の機を・・・。

手塩にかけた作品であれば作品であるほど、その作品を愚弄された気になるのも判るんだけどね。

その作品がそれで化けることだってある訳で。世に出した我が子がどんな目に遭っても結局温かい

目で見守る親のように作品と接する事しか出来ないんだろうと思うんです。

 

|

« 次の話題に・・・ | トップページ | 雪かえ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 次の話題に・・・ | トップページ | 雪かえ? »