« 春眠暁を覚えず | トップページ | 消えて行くもの »

消えて行くもの

あれ?

朝のウォーキングで感じたんですけどね。

私はJRの線路沿いを歩いているんですが、うちの前は何キロにも渡って踏切がありません。

跨線橋と地下通路がかかっているんですが、なんせ線路が8本も並んでいるエリアですからね。

早朝と言えたくさんの電車が走っています。

通勤ラッシュ前の早朝の時間帯は貨物列車のラッシュなんですよ。

通勤時間帯前に首都圏を走り抜けるために貨物も必死で走り抜けて行くんですが、この春は随分

と様相が変わりました。

EF65型の機関車を全然見かけなくなってしまいました。

EF210の青い機関車とEH500の赤い機関車ばっかりになってしまった。

昭和のEF65-2000番台も老朽化しちゃったのかなぁ~。

そういやこの冬はまだ暗い中で寒い中、鉄ちゃんが原色に塗られたEF65を撮りに随分と撮影されて

いる方々が居たんですけど、そういう訳だったんだなぁ。

私はEF65の愛くるしいお顔が好きだったんですけどね~。

Photo_20240413082501 Photo_20240413082601

昭和の機関車、左がEF65、右がEF81です。

よく似た顔立ちで愛嬌がありますよね~。きっと目が可愛いんだな。

014_20240413082701

こちらは最近増えたEH500ですわ。勇ましいけど可愛らしさが・・・ねぇ。

昭和型の機関車たちはもう40歳越え、50歳近い訳だから仕方ないんだろうけどね~。

|

« 春眠暁を覚えず | トップページ | 消えて行くもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 春眠暁を覚えず | トップページ | 消えて行くもの »