日記・コラム・つぶやき

お蕎麦屋さん・・・

うどんは丸亀製麺が全国制覇してしまった感がありますが、お蕎麦はなかなか・・・ sweat01

ゆで太郎さんがお蕎麦会の丸亀製麺になろうと他店舗化に向けて頑張っておられます
が、ちょっと違うのかなぁ~とも思ってしまう。
この30年くらいの間で、お蕎麦屋さんは美味しい名店がググっと増えたんですよね。
脱サラしてお蕎麦屋さんに・・・、なんて方も結構居られて、それがまた美味しかったりも
するもんでね。
うどんに比べて蕎麦の方がデリケートなので、丸亀さんみたいな展開が出来ないんだろ
うと思うんですよね。
天ぷらも然りです。
お蕎麦屋さんの天ぷらと丸亀さんの揚げ置きの天ぷらとは全然別物。
(丸亀さんスタイルも嫌いじゃないんだけど)
調理人さんの力量がお蕎麦には求められちゃうんでしょうね。
だからこそ・・・名店に通って美味しいお蕎麦を・・・ってことになるんだろうけれど。
お蕎麦は田舎でも、結構な値段で提供されたりもするからなぁ。
ただお値段が高いからと言って、美味しいかと言うとそうでもなかったりもするし・・・。
お蕎麦で、力量の高い調理人を揃えて、丸亀さん化したリーズナブルで美味いお店が
多店舗展開出来たなら、丸亀さん以上に流行るんだろうけれど。。。
やっぱりその壁は高いですよね。
最近あっという間に増殖した唐揚げ屋さんみたいな商材の方が、きっと簡単なんだろう
な。多店舗化は・・・。
※オッサンには唐揚げは厳しいから、入ったことないんですけど。
P1020282

| | コメント (0)

関空

台風でタンカーが激突した関空の連絡橋。

道路部分はまだ片側3車線のみの使用しか出来ないみたいですが、鉄道部分は
今日から通れるのだそうです。
鉄道部分の橋脚は傷んでなかったんですね。
P1020201
遠くに見えるのが関空の連絡橋です。
思ったより早く電車が通るようになったので良かった good
貨物輸送のためのトラックがまだしばらくは不便なのかなぁ。
きっと飛行場を利用する搭乗客にとっては大半は鉄道利用だと思うんですよ。
まだ一般のマイカーは橋の利用は出来ないのかも知れませんけどね。
台風の通過のあと、北海道の地震がありましたのであまり話題に上らなくなりま
したが、関空は地盤沈下やら、地下の電源室やらいろいろやらかしてる部分もあ
ったんですよね。
これからどう改善されていくのやら判りませんが、いざこうして不具合が生じると
大騒ぎになってしまいます。
台風による高潮の被害で今の関空の脆弱な部分が判明したのは、想定されてい
る南海トラフの地震前で結果として良かったのかも知れません。台風の被害はま
だ限定的で、それこそ全力で対処できた訳ですからね。
南海トラフの津波で・・・なんて言うと、被害が甚大すぎて数年がかりでの復旧と
言うことになることでしょう。
関空は小手先の修復でまずは空港機能を復旧させることと同時に、抜本的な対策
もしておくべきです。
衰退しているとは言え大阪は日本の商都。
その大阪の海外への玄関口が関空ですもん。

| | コメント (0)

日本一

私が30歳前後にオープンされた『のなか』さん shine

002
日本一のお蕎麦屋さんとして今まで、このブログでも紹介して来ましたし、友人知人を
お連れした際にもそう申しておりました restaurant
もう20年も経ちますね。
P1010687
ところが・・・です。
最近、『のなか』さんからたった3キロ位の距離のところに『玄治』さんと言うお蕎麦屋さ
んがありまして、それがまた美味しいと聞きましてね ear
P1010874
玄治さんでは久々にお蕎麦屋さんの玉子焼きをいただきました。
P1010876
P1010879
日本は南北に3000キロと言う大きさで、しかもお蕎麦は国民食 shine
そのお蕎麦の日本一が、多摩地区のたった3キロ圏内にあるんでしょうか?
ちょっと不安になって来ましてね coldsweats01
友人が美味しいと言ってる海老名の国分寺そばに遠出して、食べに行ってきた
んですよ。
P1020278
なぜ海老名で国分寺?と思うでしょ。
P1020277
聖武天皇さんが命じた相模國の国分寺があった場所のそばにあるから。
聖武天皇の頃から営業してたのかどうかは・・・知りません。
さてさて。国分寺そばなんですが、とにかくお洒落。
眼で楽しめるお料理についつい『きれいやなぁ』と言葉が漏れてしまいまして、
ハッと気が付いたらきれいなお嬢さんが運んでくれているじゃないですか sweat01
『いやいや、セクハラちゃいますよ。お料理のこと・・・』 sweat01 と弁明してしまいました。
P1020279
P1020281
P1020280
美味い sign01 そして泉酒造のお酒もイイ good
久しぶりに飲んだ日本酒でした bottle
P1020282
そしてお蕎麦・・・。
うん、美味しいわ happy02
日本『トップクラスのお蕎麦』 shine
なんか国内最大級みたいで、ちょっと軽い表現ですが sweat01
お蕎麦はこの30年で、飛躍的に美味しくなった食べ物なんだと思います。
苦しい言い訳ですけどね。

| | コメント (0)

樹木希林さんの訃報

樹木希林さんの訃報に驚きました。

全身ガンとお話しされてはいたものの、6月にも映画を撮られていましたし、その宣伝も
兼ねてテレビにも出ておられたのに・・・。
75歳だったんですね。
残念だなぁ。
まだまだ樹木希林さんのお芝居見たかったのに。
ちょうど親の年齢でもあり、いろんなことを考えます。
ご冥福をお祈りします。

| | コメント (0)

夏目友人帳・・・

夏目友人帳の映画が今月末、封切られるのだそうです movie

劇場版夏目友人帳~うつせみに結ぶ~・・・。
浦和でも上映されるのか。。。
大好きなアニメだから見に行かなきゃダメだなぁ~。
アニメの映画はちょっと恥ずかしいんですよね。
昔々、『千と千尋の神隠し』をひとりでふじみ野に見に行ったら、思わず感動して
号泣してしまったんですよね。
周りはカップルばっかりだったのに、オッサンが一人で泣くもんだから・・・ coldsweats01
ジブリはカップルが多かったけれど、友人帳はカップルが多いのかなぁ~。
なんとなく客層が違う気がするんだけど。
映画館の前まで movie 行って、アカンかったら帰ろうかな sweat01
Photo
楽しみやわ~ 

| | コメント (0)

炭酸・・・

炭酸水を飲んでいます・・・。

好き好んで飲んでるのではなく、看護師さんから推奨されたために健康上の観点から
なんですけどね。
炭酸が胃腸に良く、また夜10時~11時ごろ・・・晩御飯が7時頃なのでちょうどお腹が
空く時間になるのですが・・・その時間に炭酸水を500ml飲むと、空腹感が無くなるん
ですよ。私が生まれてこの方、炭酸飲料を飲んできてなかったからか、炭酸慣れして
いる方も同様なのかは判りません。
ただ私には強烈に効いてます。夜食を口にしなければ、体重は減りますわ shine
友人・知人からは誰一人言われませんけれど、2カ月で4キロ痩せました。
友人から指摘されないものですから、4キロ痩せたと自首したのですが、私の場合は
『誤差の範囲』と一笑に付されてしまいましたけれどね sweat01
ライ〇ップみたいなめちゃくちゃ努力して痩せた人なら怒るのかも知れませんけど、私
は炭酸飲んでるだけだから腹も立ちませんけれど pout
炭酸水が美味しければ言うことないんですけど、まぁ炭酸はマズイんですよね。
それ故にレモンだとか、オレンジとか、香りだけでも・・・美味しくしましょ shine と言う
メーカーの努力があるんでしょう。
でも所詮は匂いだけだから、やっぱり舌は・・・ coldsweats01
仕方ないんでしょうかね~。
美味しい炭酸水が世に出たら、爆発的に流行ると思うんだけどなぁ。

| | コメント (0)

ナッチャン・・・

Photo_2

もう10年前になりますが、写真のナッチャンWorld が退役すると聞いたので慌てて
糊に行った時の写真で、青森港です。
港に到着してもなおこのスクリューの勢いにすっかり驚いてしまって慌てて撮ったん
ですよね。
青函航路を時速60キロで航行し、全長約100m、全幅は30m、総トン数は1万トンの
高速フェリーだったのですが、輸送量、速度共に青函トンネルに勝てなかったんです
よね。燃費の悪さも災いしたそうです。
年月が経ち、今は本船は自衛隊が保有しておりまして、今回の北海道地震では物資
の輸送に活躍しているとのことで、ちょっと嬉しく思いました shine
高速かつ大量の物資を輸送できる船なので、今回みたいなケースでは活躍出来る船
なんです。
ナッチャンWorld が活躍する機会が多いと言うことは、何か良くないことが発生してい
る裏返しだから活躍する場は少ない方がいいのかもだけれど、そこに居ててくれる
安心感と言うのかな。
本当に凄い船なんですから。

| | コメント (0)

中野サンプラザ・・・

中野サンプラザ、やっぱり建替えるんだそうです。

現在は2000名収容のホールですが、1万人規模のホールにするとのこと。
中野サンプラザはめちゃめちゃ便利がいい場所にありますので、1万人規模
のホールでも問題はないと思うのですが、むしろ演者さん側に問題があって
1万人ものお客さんを呼べる人となると限られてしまうだろう・・・と言う意見も
あったのだそうです。。。
なるほど・・・2000人規模であれば、落語なんかでも出来そうですが、1万人
のホールで落語は出来ない sweat01
昔、鶴瓶さんと上岡龍太郎さんがパペポを大阪城ホールでやりましたが、
大阪城ホールは1万人規模のホールです。
トークをしていると笑い声が渦を巻くのですがホールが大き過ぎて笑いが収ま
るのに時間がかかってしまい、トークのテンポが遅くなってしまうと言ってまし
た。
ただ1万人の笑いの渦はとても気持ちが良かったとも言ってましたね。
建物そのものの劣化具合も考慮しなきゃなんないんでしょう。
防災面を考えても、あの立地で1万人規模のホールと言うことなれば、緊急避難
の場所としてとても意味のある施設になりそうです。
維持するのにも相応にオカネはかかりますので、しっかりと計画して取り組んで
行かなきゃなんないんでしょうね。
※昨日、県内のとある場所をクルマで通っておりましたら、役所?委託を受けた
建築業者さん?が、高架橋の外灯の軸を1つ1つ点検していました。
台風21号の暴風被害を受けて、点検しているんだなぁ~と感心しました。
高架橋の照明は事故防止に役立つ反面、維持費も相応に掛かる訳です。
橋梁もそうですよね。
メンテの費用が大変です。
ホール規模は収支に直結する話しだから・・・ building

| | コメント (0)

台風の被害について

大阪の友人・知人から聞いたお話しです。

随分とたくさんのクルマが水に浸かったそうです。
海に近いところは軒並み高潮にやられたらしい。
またモノがガンガン飛んで来たとも。
気が付いたら駐車場に停めていたクルマが凹んでいるので、自分が凹んだ sweat01
なんて。何が当たったのか・・・それすら判らないんですって。
鉄道が止まると判っていたので、通勤しなかったんだと言う知人もありました。
結果としては、思いがけないモノが空中を舞っていた訳で、鉄道を止めると言う
判断が被害を小さくしたんだと言ってました。
そのあとの北海道地震は急なことだったので身を守る対策の取りようがなかった
訳ですが、関西圏の台風の被害は『備え』の不足と思われることも多々あったと
言う声が多かったです。
何も関空の橋だけじゃない。
台風の雨による被害はまだしも、風による被害と言うのはあまり考えなかったと
言う声がたくさんありました。
(ただ時々報道で流れる『竜巻・突風の被害』みたいにマンション一棟がひどい目
にあったと言うほどの被害は近所でも見当たらないらしいです。竜巻はもっと強い
んだなぁ~と感心している友人の声に、こっちがへぇ~と思った次第です。数年前
の春日部の竜巻の破壊力は凄かったですからね)
北海道の地震が落ち着いたら、ぜひ関西の番組やニュースで関西の災害の様子
ももう少し知らせて欲しいと思います。
友人・知人が異口同音に語っていたことですが、『台風の時には外出しない』・・・。
台風と言ってもいろいろだから、その判断も必要なんだろうけれど、平日ならば通学
や出勤は・・・。
首都圏は間引き運転だけで公共交通機関は大概動くから却ってダメなんでしょうね。
規模にもよるけれど、思い切って運行をストップする。
各社の判断が難しければ、行政が・・・知事かな、政府かな・・・率先して、運行を
停止せよと命ずる。。。
大阪では台風通過時にバスは動いていたけれど、走行中のトラックだって横転して
いた訳で、やっぱり危険ですよね。バス及び乗客だけの問題じゃなくて、バスと追突
する相手方(建物とかクルマとか)の被害も心配です。今は電車の車体だって軽いか
ら、電車の転覆脱線だってあり得ます。
台風は気象庁がしっかり情報を提供してくれるので予測が出来る。
その予測をしっかり聴くことですね。
大阪のあの被害状況は全国の参考になったと思います。
大阪は強い街だから、すぐによりパワーアップして復活しますよ。
頑張れ、大阪 sign03

| | コメント (0)

ぐるり見渡しますれば・・・

関西地区を襲った台風。。。

風速60m 近い暴風で大阪の街を通過。
看板や屋根が飛び、それがもとで南海尾崎駅が火災で焼失。
強風の怖さも知りました。
さてさて。
首都圏も太平洋から直撃される位置にあります。
陸で勢力を落とさずに直撃されると、同様の風速60m を喰らうことがある訳ですよ。
今日、ちょっと高い位置からさいたま市をぐるりと見る機会があったのですが、屋上
の緑化だとか、物置、看板・・・。
これが結構ありました。
屋上に植えた木はきっと強風で飛ばされると思います。
看板とか屋上の物置も危険ですよね。
ワイドショーは台風の際の関空連絡橋のタンカーの時はそればっかり。。。
続いて北海道の地震が発生してしまいましたので、もう関西の台風被害の報道は
すっかり無くなってしまいました。
地震はオールシーズンですけれど、台風は今が時期のモノです。
もうちょっと防災と言う視点から、高い位置の樹木・看板・物置等の設置物に対して
警鐘を鳴らした方がいいのになぁと思ったのでありました。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧