鉄道

ブルートレイン・・・

B B寝台ソロ


B_2


B_3


Photo

在りし日の『あけぼの』 上野→青森を乗車しました。

Photo_2


Photo_3


Photo_4 こちらもB寝台ソロ

在りし日の『急行・銀河』・・・ 東京→大阪を乗車しました。銀河は名古屋でも利用

したなぁ~。コンサートでも利用しました。

いつかはA寝台ソロに乗って旅しようと思っていたのに、とうとうブルートレインは廃止

されます。

残念だなぁ~。

地方も含めて、古い車両がどんどん廃車になり、銀色列車が増えています。

鉄ちゃんの私にとっては旅の楽しみがちょっと減って来た今日この頃だなぁ~ train

| | コメント (0)

関西の電車は味がある・・・

首都圏の電車は銀色がどんどん増殖していますが、関西圏はなかなかどうして happy01

味があっていいですね。

P1020179_2

阪急3300系。もう40年選手だと思います・・・。

P1020193

南海電車。関空急行で、昭和39年製造でした。現役でしかも優等列車なのが凄い。

P1020138

もちろんJRも負けていない。

P1020135_2

もっと古いヤツも。

P1020532

近鉄も古いモノを大事にしています。

P1020525

特急料金が必要な電車も古い・・・。

P1020543

味があっていい・・・ good

今度、関西に行ったら、阪神と京阪にも乗って来よう train

P1020176_2

阪急は新しくてもマルーン色。わびさびです good

| | コメント (0)

近鉄内部線のお話し・・・

廃線協議が続いている近鉄内部線に乗った際の内部駅発行の切符です。

Photo

自動券売機はあったのですが、電源オフになっていて駅員さんにこの手書きの切符

を発券してもらいました。

既に電車は停まっていて、私用のこの切符を作っていただいている間にやって来た

お客さんは30分に1本の電車に乗り遅れはしないかとオロオロされておりました。

P1020489

P1020490


P1020491

運転手さんはお客さんを置いて行くなんてことはもちろんしません。

のんびりした電車で、駅の状況をしっかり確かめながら運転手さんは運転席に乗りこみ

ゆっくりと電車を発進させました。

P1020495

ただ電車の車体の痛みは結構ありました。

もちろん車両以外にもメンテナンスにお金がかかるので『廃線』と言う話しが近鉄から

出ているのでしょうね。

ナローゲージの内部線。可愛らしい車両が地域の足を支えています 。

地元の方は『既にバス路線が随分減っているのに、そのうえ内部線が無くなると困る』

と言ってました。

『節約』のためかどうか知りませんけど、手書きの切符はいい思い出です。

鉄ちゃんも結構内部線に撮影に来ているらしいので、内部線で昔扱っていたような硬券

切符なんかを活用するなど、もっと『遊び』の部分も活用したらどうなんでしょう。

きっと自動券売機の電源オフの節電効果よりも収益に貢献すると思うんだけどナ~。

私の思い出はやっぱり手動ドアで1~3輌の編成が素敵だった下の写真の内部線。

Yjimage9

パステルカラーは辞めて、この頃のリバイバルカラーに戻した方が鉄ちゃんは喜ぶと

思います。住民+鉄ちゃんで地方鉄道を護っているところは随分あります。

ぜひ存続させてほしい~ sign01 と思うので、またまたブログを書いてみました pencil

| | コメント (0)

近鉄電車・・・

近鉄の車両には詳しくないので、形式などは割愛しますが、四日市駅中心に撮って来た

モノを・・・。

P1020525

☝ 彼は昔から居ますね。営業運転している一番古いヤツじゃないでしょうか。

P1020540

☝ 彼は12410か12600系かな。なかなか男前だと思います。

P1020530

☝ 22000系。麿顔ですねぇ~。奈良や京都を走るから麿顔にしたのかなぁ~。

P1020544

☝ アーバン君。ドアップになってしまいました bearing 

続いて一般車両・・・。

P1020528

☝ 彼が一番の代表選手の顔ですね。

P1020534

☝ 湯の山温泉行きにはHMが掲示されておりました。

P1020533

☝ なんかのっぺりした顔ですね。やや麿顔なのかなぁ。

P1020539

☝ 端正な顔立ちです。こんなヤツも作れるのになぁ~。

P1020494

☝ 内部線。なぜパステルカラーにしたのでしょう。昔は茶色とドアまわりだけオレンジ

でした。近鉄は茶色がいいなぁ。

P1020499

パンタに比べて車両が小さいですね。

P1020511


P1020513

ナローゲージ感が出ていますでしょうか。

四日市駅周辺で鉄分補給をしっかりして来たのでした happy01



| | コメント (0)

スペイン・高速鉄道事故・・・

全世界で高速鉄道が増えていて、スペインは中国とともに急速に路線拡大をしている国

なのだとか。

日本の新幹線はパイオニアとして、実験に次ぐ実験と、問題点をひとつずつ把握し、潰し

て行きながら今に至っている訳ですが、技術と経験に裏打ちされていない急拡大は、高速

故に危険度も増すのでしょう。一度事故が起こると大規模な事故になってしまいます。

今回のスペインの事故映像を見ましたが、フランス式の電気機関車が牽引するスタイル

の車両で、しかも非電化区間はディーゼル運転をするために、客車から電源車に改造し

たモノが2両目に組み込まれていたと言います。設計変更により、高重心になり、かつ

車重もある2両目が制限速度を100キロオーバーであのカーブに突っ込んでしまったため、

先頭の機関車はカーブに対応できたのに、2両目の電源車が曲がれずに脱線。後続車

並びに連結されている先頭車も脱線したと言うのが今回の事故原因らしいです。

スピード超過が原因・・・と言うのでは高速鉄道はダメで、スピードは管理されていなきゃ

ならないので、信号を含めた制御装置に問題があったと言う事になります。

高速で走るだけなら、ハイパワーのモーターを付ければ有る程度の速度は簡単に出せ

るのですが、安全のために高速で走る列車をいかに制御するのかが難しい技術なん

ですね。

高速鉄道はスピード勝負ではなくて、いかに制御できるのか。

もちろん事故は絶対におこしてはならない。

ちょっとの事故も大惨事になってしまうのが高速鉄道ですので、作る側・走らす側はし

っかり肝に銘じて運行してもらいたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

修学旅行列車に思う・・・

いつもの様に自転車で走っておりましたら、『修学旅行』電車が10両編成で走って行きま

した train 

よくある風景・・・と言えばそうなんですが、実は車両が違いました。

183・189系から185系に変わっていたのです。

はぁ~なんて言わないで下さいね。

私の数少ない鉄道写真を探してみます・・・。

033

これは485系ですね。これの直流版ですよ。簡単に言えばね。

今までは ☝ これだったのに、 ☟ これになったの。

007

185系。

はぁ~なんて言わないで下さい。

実は、今まで183・189系が修学旅行に使われていました。

183・189なんて言うのは私が子供のころから特急用として走っていた電車です。

185系だって、もうそろそろ車齢30年選手なんだと思うんですよ。だから決して新しい

訳じゃないけれど、未だに高崎線・東海道線の現役特急として走っています。

183・189系はもう定期運用の特急としては現役ではありません。

臨時の『快速』や『修学旅行』として使われていたのですが、さすがに老朽化が目立つ

用になり、185系に置き換わり始めたと言う事なのでしょう。

183・189はサイドの塗装が剥がれてサビが浮き出ている車両も結構あります。

ちゃんとメンテをして使い続けて欲しいのですけど、なかなかそうも行かないのかなぁ~。

大人になって何度か183・189系に乗りました happy01 

037 (183・189車内の写真)


子供のころ、憧れていた電車に乗るのは、毎回嬉しいものなんです shine

小学生の頃は、『雷鳥』を新大阪で撮るのが嬉しくて・・・。

随分新大阪に自転車で行きました bicycle 

その頃からすると・・・35年くらい経ってるのか・・・ sweat01 

残して欲しいと言うよりも『良く頑張ったネ』shine と言うべきなのかな。

あぁ・・・これが年を取るってことなんでしょうか bearing

| | コメント (0)

撮り鉄・・・青砥駅にて

青砥駅にて。

1

快速・西馬込行き。

2

こっちの方が上手かな。

3

都営の普通・羽田空港行き。

4

京急久里浜行き。

京急・西馬込に行く電車はガンガン来るのですが、京成本線の電車はあまり来ない。

来たと思ったら・・・緊張して、シャッターが早かった・・・ happy02

5

まだまだだなぁ~ camera 

ホームの先端は鉄道少年がズラリと居たから・・・邪魔出来なかったんですよね~。

動いている電車は撮るのが難しい・・・ train 連写機能を使ってれば良かったんでしょう

ね。

青砥駅はいろんな電車が来て楽しかったです。もう15年前になるんですが、西船橋に

住んでいたころの京成電車は赤のボロい電車が多かったのですが、随分とイイ電車

が走る様になったんでちょっと感動してしまいました shine

| | コメント (0)

489系・・・急行能登 上野駅にて

鉄道写真はほとんどアクセスがありません。

下手くそな写真だから仕方がないですね sweat01 

でも、私は『乗り鉄』とは言え、鉄ちゃんのはしくれ shine たまには発表の場が欲しいので

あります think 今夏は『青春18きっぷの旅』を中止しましたから鉄分が不足気味と言う事

もありますわ。

そんな訳で、489系の雄姿を厳選しました happy02 撮影場所は上野駅です。

Photo


ちょっと斜めってますね~。思ったより早いスピードでホームに入ってきたからな。

Photo_2

電車を固定させて駅が流れるのが「流し撮り」だから、逆流し撮りかなぁ~。

Photo_3

ボンネットを意識して撮ったらなんかブサイクな写真になった。

Photo_4

これは結構気に入ってます。ボンネットの先っちょ happy01 切り方がいいでしょ scissors 

Photo_5

昭和46年製・・・私と3つしか違わない・・・ shine 

Photo_6

489系の車内。あまりイイシートではなかったですね。

Photo_7

グリーン車もついていました。

Photo_8

489先頭車。天井がかけているけどこれは好き。

Photo_9

全部が収まった489系の写真です。

鉄道の日の記念で、489系特集でした good

| | コメント (0)

鉄道の日記念~ 鉄道写真集・・・

まずは地味に・・・急行つやま。

40Photo

もう廃止になっています。(車両も含め、なぜに急行料金を払うのか分からなかった sweat01)

203

常磐緩行線203系。彼も居なくなりました。

Photo_2

特急かもしかも廃止されていますね。3両編成のかわいい特急でした。

Photo_3

特急はまかぜは車両が変わりました。

Photo_4

急行銀河も惜しまれつつ廃止になりましたね。

Photo_5

北近畿も廃止になり、車両も変わって「こうのとり」になりました。

タイフォンや貫通扉があってなんか変な183君ですね。

Photo_6

183魔改造車両?編成をくっつけたりバラしたりしていたので、このノッペリ顔で

走っていた電車も複数見かけた記憶があります・・・。全然特急の威厳のない顔でした

が、なんせサンパチ君と言う強烈な車両が走っていましたからねぇ~。

あまりに強烈過ぎて、今にして思うと後悔しているのですが、サンパチ君は撮らなかった

んですよね・・・。

車両の老朽化のためにどんどんと古い車両が廃車になっていますが、古い車両には

ゴツゴツした武骨さがあって、昭和を感じるとともに格好良さを感じます。

我が「阪急電鉄」では、まだまだ3000系が現役で走っています。

ピカピカですが、製造昭和39年・ナニワ工機なんてステッカーが張ってありました。

関西では車齢40年なんて言う電車がまだまだ現役で走っています。

京阪のデカ目2600系なんて言うのも味があって大好きです。

鉄道って素晴らしいですネ pencil


| | コメント (0)

師匠との会話・・・鉄分補給

 今日、鉄の師匠 train とちょこっとお話しする機会がありました shine

 ココしばらくで随分と廃車解体されている名車輛達ですが、『きたぐに』はアウト。『能登』

も乗客が少ないので危険。EF81はどんどん廃車になってますと教えて貰いました bearing 

 ボンちゃんの489が居なくなったのですが、青とベージュの583も居なくなり、赤とベージュ

の183・485も居なくなってしまう様です。

 私が子供の頃、『雷鳥』を撮りに新大阪に行ってた訳で、そこから30年だから仕方がない

のかなぁ~ coldsweats02 『おおっ shine アオライ (青い雷鳥・583) 』なんて言ってたのですが camera 

 師匠の言う事には『常磐線』が激変するので、松戸・北松戸で写真を撮りたいとレクチ

ャーいただきました confident

 なるほど、常磐線ですか。

 師匠、一緒に行きましょうか。。。常磐線 shine とお話しした次第です。

 最近、貨物君達も新しい機関車ばっかりになって来てます。そう言えばEF81はここんとこ

御無沙汰です。EF64はまだまだたくさん見かけますけど。

 81や64も危険だし、65や66も居なくなってしまうのかな。。。

 ちょっと写真も撮らなきゃダメですね。

 今日も原色の64+貨物色の64の重連を見て、『おっ、原色の重連 shine』と嬉しくなって

しまったのですが。。。

 師匠ほどではないにせよ、『鉄分』が大切な私の脳内事情なのでした delicious

| | コメント (0)